« 提案用外観パースの完成です。 | トップページ | 楽しい時間が »

2012年3月27日 (火)

東日本大震災の現状をまのあたりに

先日の24日、25日と地元の商工会の有志で、岩手県と宮城県の東日本大震災の被災地を巡ってきました。


正直、何もできないのに観光に行くみたいに被災地を巡ることに抵抗がありました。


それでも、一目見ておきたい、自分に何が出来るか考えたいという気持ちの方が強く参加させていただきました。


ただただ、被災地を見て回って愕然とさせられただけでした。



何もかもが、のみ込まれ


内陸部まで動かすことすらできない400t級の船

自然の脅威に驚かされるばかりです。

 


それでも、奇跡の一本松のように耐え抜く生命


復興のために頑張っている方々



被災された方々は気さくに当時の事を語ってくださり、記念に写真を撮って行ってねという力強い言葉

本当にすごいです。

何が一番貢献できるかをお聞きしたら、笹かまや、地産のの物を買っていただけることが一番うれしく助かるとの事でした。

インターネットでも買えるので、お願いしますとのことでした。

今何が出来るかを考え、微力ながら力になれればと思いました。

忘れてはならない2日間でした。

|

« 提案用外観パースの完成です。 | トップページ | 楽しい時間が »

ひとり言」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。

確かになにも出来ないかもしれませんが、僕も今年被災地に行く予定です。建築に携わる者として、自然と共に暮らすという意味でも、今回の被災地を巡ることは絶対に無駄なことでは無いと思います。

投稿: TOM-P | 2012年3月27日 (火) 午後 08時10分

何も出来なくてもいいから、行ってけろ。
行って見るだけでいいんだ。
島国日本に住んでいる以上、何時何処で同じことが
おきてもおかしくないからね。

投稿: 親方 | 2012年3月31日 (土) 午前 11時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/521341/44646396

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災の現状をまのあたりに:

« 提案用外観パースの完成です。 | トップページ | 楽しい時間が »